待ち合わせスポットになっているクーポン発行機 VELO

上海の地下鉄の駅改札を出たあたりで必ず目にするのが、クーポン発行機『VELO』です。今ではすっかり利用が定着していて、待ち合わせスポットにもなっています。うちの会社のスタッフの間でも利用率高いサービスです。
初めて使ってみたので、使い方をご紹介します。

VELO
駅の改札付近にあるVeloクーポン機
通常駅の改札を出たところに設置されています。
ここは市の中心地で大きい駅なので、3台並んでいます。
VELOの利用にはICチップが入った専用のカードが必要です。
Veloカード
VELOのカードを入手するには、VELOサービスポイントというお店か、VELO公式Webサイトで購入する必要があります。価格は10~20元程度です。
カードはストラップ型になっていて、携帯電話につけている人が多いです。

購入したVELOカードはそのままでは使用できません。
登録作業が必要です。でも、とってもカンタン。
カード番号を携帯電話のSMSを使って指定電話番号に送信するだけです。
すると、SMSに「您已注册成功!(登録成功しました!)」というメッセージが送られてきて、カードが利用できるようになります。

広告としてはこの登録が重要で、利用者の分析に利用しています。
個人情報の保護が心配ですが…
上海の人は気にしていないようです。

 

さて、早速クーポンをゲットします。
使い方はカンタン、カードをクーポン発行機にかざすだけです。
Veloカードをセンサーにかざして使います
グリコのチョコレートが特別価格で買えるクーポンが「おすすめ」として表示されました。せっかくなので、「OK」ボタンを押してクーポンを印刷します。

クーポン発行機の下部から印刷されたクーポンが出てきました。
グリコのチョコレートが割引価格で買えるクーポン

でも、今回のお目当てはKFCのクーポンなので、KFCのボタンを押します。
今回はパーティバーレルを買うとマッシュポテトが2個もらえるクーポンのようです。長期間掲出している場合、クーポンの内容が定期的に変わるようです。
欲しいクーポンのボタンを押します

印刷されたクーポンが出てきました。
あとはこのクーポンをお店に持っていくだけです。
通常VELOに広告を出しているお店は、その駅周辺にあるので、お店に行く直前にクーポンを印刷できるのは便利ですね。
KFCのクーポンをゲット!
画面を見ると「21枚のうちの1枚目」となっているので、印刷できるクーポンの数には制限があるようですね。

このVELO、すでに中国全土で400万人が登録しているそうで、クーポン発行機も1000箇所以上に設置されているそうです。
クーポンの掲出は月額600元~の月額制とのことなので、費用的にも手頃で広告主にも人気だそうです。

VELOカード初体験でしたが、思った以上に簡単でした。
お得なので、今後も使ってみたいと思います。

 

つぶやき
京東(360Buy)の「粗利ゼロ」キャンペーンも10月末までなので、メモリーやHDDなど買い足しました。

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gigamktg/yuikoba.com/public_html/blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405

One thought on “待ち合わせスポットになっているクーポン発行機 VELO

  1. Pingback: ネットと連動した証明写真撮影ブースがすごい 快照易(くぁいじゃおいー) | ほぼ日替わり 中国マーケティング

Comments are closed.