20億人が移動する中国のお正月「春節」は帰省チケットの確保も大変

火星行きのチケット中国のお正月「春節」休暇中は、のべ20億人が移動すると言われています。
中国人にとって、春節は万難を排して帰省しなければならない、一年で最も重要な祝日です。

帰省となれば、都市部から地方へ向かう飛行機、汽車、長距離バスのチケットは入手困難のプラチナチケットへと変身します。
チケット売場には長い行列ができ、窓口で変えなかった人はダフ屋に高いプレミアムを支払って購入します。
果てはニセモノのチケットまで出回る始末です。

政府も社会秩序安定のため、この一年で最も重要な祝日に、全国民がチケットを入手できるよう、販売制度改善に努めています。

昨年から導入が進んでいるのが「実名制」
チケットの購入時に身分証明書を提示し、チケットに氏名を記載します。
ダフ屋対策として導入されましたが、ダフ屋も黙ってはいません。他人の身分証明書を使って大量購入を図っているようです。
メディアはダフ屋行為に自分の身分証が使われた場合、法的責任を負うことになると、身分証の貸し借りに警告を発しています。

今年進歩を見せているのがネット販売です。
これまで窓口で、何時間も、時には発売何日も前から並んで買わなければなりませんでしたが、今年の春節休暇にむけ、主要路線のチケットがネットで買えるようになりました。これにより、窓口ではチケットを受け取るだけで済むので、チケット購入にかかる時間が大幅に短縮できます。

今年は高速鉄道の事故があり、秋の国慶節休暇は鉄道の人気もイマイチでしたが、民族大移動となる春節は鉄道も満員必至です。
年が明けたら「チケット買った?」が挨拶です。

 

つぶやき
帰省ラッシュは日本でも中国でも大変ですね。
僕も明日から里帰りです。

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gigamktg/yuikoba.com/public_html/blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405