春節でもらいすぎた贈答品は買い取り業者へ売ってひと儲け

春節のギフトとして人気の白酒中国の春節休暇も28日で終わり、29日から中国の一年がスタートしました。
春節期間中は親戚やお世話になっている人に年始の挨拶回りをしますが、その際に欠かせないのが贈り物です。特にお酒タバコが人気です。

お客様の多い家ともなると、贈り物の山となります。
当然自分だけでは消費しきれないので、親戚や友人にあげたりするのですが、余った贈答品を買い取る専門「礼品(ギフト)回収」業者もいるようです。

このビジネス結構儲かるようで、
買い取り価格は市場売価の半額程度。
中国は贈答文化が根強く、常に贈り物のやりとりが行われますので、春節のように商品の供給量が多くなる時期は、絶好の商品仕入れ時のようです。

商業行為を監督する政府の工商部門は、正規にライセンスを持っていない業者による売買行為は違法の可能性があると警告していますが、ネットユーザーの反応としては、

「オレも友達にあげずに売れば良かった」

「人からの贈り物を転売するってどうなの?」

「政府が違法だというのは税金取れないからだ」

などなど様々です。

そういえば、僕が学生のころ、アメリカでもクリスマスのプレゼントに領収書を添えて渡すのが一般的でした。要らない場合はお店に返品してお金をもらえるとか。

合理的ではあるのでしょうが、ちょっとねぇ。
まぁ、個人の価値観によるのでしょうね。

 

つぶやき
東京にいる間にゴルフクラブを数本買いました。
上海に比べたら半額以下で安いなぁと思ってましたが、
商品を見ると、ヘッドもシャフトも中国製。組み立てだけ米国ですって。

 

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gigamktg/yuikoba.com/public_html/blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405