速報:2013年末の中国のネット人口が6億1758万人に、市場発展の質を重視へ。

China Internet User Stats Vol.33

本日、中国のインターネット管理機関であるCNNICが、半年に一度公表している「中国インターネット発展状況統計調査」最新の報告書が公開されました。2013年末時点のデータが掲載されています。

報告書によると、2013年末時点での中国のインターネット人口は6億1758万人となり、人口の45.8%が利用しているとのことです。2012年末から一年間で5358万人が増加しました。

一方で携帯電話でのネット利用者数は5億人を超え、ネット人口の81%が携帯電話でネットへアクセスしています。こちらは2012年末と比べて8009万人の増加となり、全体の成長を上回る成長スピードとなっています。

地域別では、13の省・直轄市が全体の普及率を上回る普及率となっており、北京と上海では人口普及率が7割を超えています。

利用状況で目立った変化のひとつは、ネット利用時間の急増です。
2012年は一週間あたりのネット利用時間が20.5時間でしたが、2013は25.0時間と、20%を超える増加率となっています。
2010-11年の増加率が2.2%、2011-12年の増加率が9.6%だったのを考えると20%超はかなり目立ちます。報告書では主な要因として、Wi-Fiや3Gネットワークの普及や、動画サービス利用の増加などを挙げています。

利用用途で大きく伸びているのがネットショッピングです。
利用者数は3億189万人で、ネット人口の49%が利用、2012年から24.7%の伸長となっています。
ショッピング関連ではオンラインペイメントが17.9%、旅行予約が61.9%、グループ購買が68.9%伸長となっています。
グループ購買は、いわゆる「グルーポン系」サービスで、2010-11年頃に急成長して、急縮小した市場だと思っていたのですが、この伸長率はすごいですね。
どうやらグループ購買は、当初のレストランやヘアサロン、スパなどの生活系が下火となったものの、携帯電話や旅行、その他サービス系など商材でまた復活してきているようです。

私は中国のEコマース市場にとても期待しています。
というのも、みなさんがニュース等で目にするように、中国のサービスというのは、日本と比べてかなり劣ります。店員はお客様ほったらかしでおしゃべりしてるし、家電量販店にいっても在庫がある商品は限られていて、店員が彼らのオススメを強引に押しつけてくるし。
それに比べてEコマースの利便性は、場合によっては日本以上です。
欧米のファンドから数百億円単位で投資が入っているため、プラットフォームや物流網への投資が積極的にされています。しかもIPO狙いだから利益度外視の「粗利ゼロ」キャンペーンなんてのをやったりして、かなりお安いです。

私の会社でもタオバオ(淘宝)のB2C版、Tmall(天猫)への出店・運営をお手伝いしていますが、オススメの理由はここにあります。
うちは半分日系、半分ヨーロッパ系のクライアント様なのですが、Eコマースへの投資意欲は圧倒的にヨーロッパ系が強いです。もっと日本の商品を売るお手伝いしたいなぁ(宣伝)。

今回の報告書で「おっ!」と思ったのが、「インターネット市場の発展は、量から質への転換期である」という一文です。
中国のGDPは日本と比べるとうらやましいほどの成長率ですが、国の発展を支えるために必要と言われてる8%を下回るようになってきています。
そこで政府も「量から質への転換」という言葉を盛んに使って、内需拡大、雇用維持に努めていますが、インターネットにもやってきたようです。

ただこの言葉、ちょっとピンと来ることがあるので、ちょっと報告書を深掘りしていきたいと思います。

続きはまた近日。

 

[CNNIC]

[こんな記事もどうぞ]
中国のインターネットユーザーはネットで何してるの?

CNNICが最新統計データを発表 中国ネット人口は5億1310万人に

2012年末の中国ネット人口は5.6億人、モバイルユーザー率75%に成長

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gigamktg/yuikoba.com/public_html/blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405