東北2014夏:今回の旅の目的地、雄勝漁港へ。

ogatsu-map

今回の旅の目的地は、石巻市の北東にある、雄勝というところです。
入り組んだ海岸線の続く、とても穏やかな湾で、湖のように海面も穏やかです。

しかし2011年の東日本大震災では、津波はこの雄勝湾にも押し寄せ、すべてを飲み込んでしまったそうです。
雄勝へいく途中も、ダンプカーがひっきりなしに通行していたり、津波で流された橋が仮設のままだったりと、本格的な復興にはまだまだ時間がかかりそうな印象でした。
また、児童74名と教職員10名が犠牲となった、大川小学校も近くです。
被災時のままになっている校舎と、お参りの人々のたくさんのお供え物を見ると、とても悲しい気持ちになりました。

そんな雄勝に、「ただ、津波にやられっぱなしじゃ、面白くねえからな。」と、新しい漁業をつくろうとしている漁師さんがいらっしゃるとのことで、それを支援しているカメラマンやデザイナーのみなさんと一緒に会いにいくのが今回の旅の目的です。

その漁師さん、末永陽市さんがこの方!
海の男カッコイイ、そして優しい。
Ogatsu1

末永さんは震災をきっかけに、新しい漁業のかたちとして、6次産業化(生産、加工、販売まで全てを自社で手がけること)に取り組んでいます。

完成間近の加工工場や、試作中の商品(めっちゃ美味しい!)、養殖生け簀などを見せていただきました。
雄勝湾には牡鹿半島の森からミネラル分がたっぷり流れ込んでいるそうで、養殖場の条件として最高なのだそうです。
銀鮭も水面を飛び跳ねていたり、船の上でホタテのお刺身を頂いたりで最高です。

夜には漁港でバーベキュー。

Party!

これでもか!というくらい海の幸を堪能しました。
私の故郷の鹿児島も魚美味しいところですが、北の海は魚の種類が違いますね。
BBQ

美味しい海の幸とお酒を頂きながらぼんやり考えていたのは、やはり復興は経済が立て直ってこそということ。末永さんのように震災をきっかけに、あらたなビジネスへ挑戦する方や、それを支えるクリエイターを見て、自分にはどんなことができるだろうかと考えさせられました。

今回は何もお手伝いできず、ただただお世話になっただけの訪問でしたが、「実家に戻ってくるみたいにいつでも帰っておいで。」と言っていただきました。
とってもうれしい!

末永さんの美味しい銀鮭やホタテを売りたい!という方は、
末永九兵衛商店(http://www.kuhe.co.jp/)まで是非ご連絡ください。

 

こちらもどうぞ。
東北2014夏:その1 – はじめて東日本大震災の被災地、東北へ。

東北2014夏:その2 – 木ノ屋石巻水産の「希望の缶詰」。

東北2014夏:その4 – 雄勝中学校の「復興和太鼓」に元気をもらう。

東北2014夏:その5 – 仮設住宅での二胡コンサート。

東北2014夏:その5 – 仮設住宅での二胡コンサート。

東北2014夏:番外編〜お宿は 峠の湯 追分温泉。

 


Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/gigamktg/yuikoba.com/public_html/blog/wp-includes/class-wp-comment-query.php on line 405