2014年のTmall「双11」は571億元で1兆円超え!

Tmall 2014.11.11

毎年恒例となった、Tmall(天猫)の「双11セール」
私の会社でお手伝いしているブランドも無事にセールを終えました。

早速Tmallから速報がでていますので、一部ご紹介したいと思います。
昨年2013年は350.19億元(当時のレートで約5600億円)でしたが、今年は6割アップの571億元!最近のレート1元=19円換算では1兆849億円と、初の1兆円超えでした。

特に注目はモバイル端末からのオーダーが243億元と42.6%を占め、昨年の4.54倍のオーダー数となったことでしょうか。セール開始後75秒で1億元、午前7時36分には100億元を記録しています。
私の会社の店舗やお手伝いしているクライアント様の店舗でも、最近ではモバイル端末からのアクセスが増えておりPCを上回るほどですが、その傾向がしっかりと売上にあらわれています。

JackJonesというメンズアパレルのブランドは6年連続で双11セールに参加しているそうですが、今年は1時間48分で1億元を売り上げたそうで、うちモバイルの売上が48.4%だったそうです。

地域別の売上TOP10は、
1位 広東
2位 浙江
3位 江蘇
4位 上海
5位 山東
6位 四川
7位 北京
8位 湖北
9位 湖南
10位 河南
の順となっています。やはり所得の高い沿海部が強いですね。

この後が大変なのが物流です。
今年のオーダー数は2.78億。
宅配便会社各社はこのセールに備え、人員を25万人増員したり、100箇所以上の拠点を増設したり、185万平米にも及ぶ作業場を確保したりしているそうですが、これから2週間程度は配送の遅延など混乱が起きると思われます。

私の会社で9月から運営している淘宝のベビー用品ショップですが、大幅値引きできる商品ではないので、今回のセールは見送りでした。
セールに参加しなかった店舗へどのような影響がでたのか、次回ご紹介しようと思います。

 

[こちらの記事もどうぞ]
今年も来る! 一年最大のネット通販祭り「双11」