Category Archives: サービス / アプリ

コストパフォーマンス最高なスマートフォン「小米」

小米スマートフォンS2

過去の中国のローカル版スマホといえば、iPhone丸パクリのAndroid Phoneだったり、機能的に「何でそうなるの?」って感じのものだったり、金ぴかの「誰が買うの?」ってデザインだったりするものが多かったのですが、着実に変化してきています。

今回はそんな新時代のケータイメーカーをご紹介します。

小米(Xiaomi)は中国ローカルの携帯電話メーカーですが、洗練された外観のデザインに、最新のテクノロジーを満載し、しかも低価格という、圧倒的なコストパフォーマンスをウリにしているスマホメーカーです。

10月に発売予定の最新モデルの「S2」は

– 最新の28ナノメートルプロセス技術採用の、1.5 GHz クアッドコアプロセッサー搭載

– 2GBのRAMと16GBのストレージ

– 毎秒2億ポリゴン処理可能な高性能グラフィックプロセッサー搭載

– 4.3インチ、解像度1280×720のIPSディスプレイは、iPhone 4Sを凌駕する342PPI

– 最新のAndroid 4.1を搭載

などなど盛りだくさんで、お値段1,999元(約2万5千円)
キャリアのサポートなし、素のSIMロックフリーですから、驚き価格です。

欲しい!

 

つぶやき
今日は東京です。
先日のドコモ国際ローミングのトラブル以来調子の悪かったSIMを交換してもらいました。ついでにiPhoneでも使える小さいSIMに交換してもらい、早速iPhoneに投入!

明日はまた移動です。

[小米]

 

中国の検索エンジン市場が百度、捜狗、360の三つ巴で面白くなってきた

捜狗

面白くなってきました。

中国の検索エンジン市場といえば、百度が約8割のシェアを握って圧倒的な地位にあり、半撤退な感じのGoogleは徐々にシェアを落として現在では15〜16%程度と言われていました。

一見市場が硬直化しているかのように見えますが、実はローカル勢ががんばっています。大手ポータルサイト『捜狐」から2010年に独立した『捜狗』は、他の検索エンジンがイマイチ成長できていないのと対照的に、着実にユーザーを獲得しており、今やGoogleを抜いて市場シェア第2位と言われています。

また「フィッシングに強いブラウザー」として人気の高い『360』も検索エンジン市場への参入を発表しています。既に2億人が同社のブラウザーを利用していることから、ブラウザーのデフォルト検索エンジンとして導入されれば一気にシェアを獲得できるチャンスがあります。

百度は独占的な市場シェアにより、広告のクリック入札単価も高騰し、非常に大きな利益を出しています。これは他社にとっても投資する十分な理由となっていると思われます。
百度、捜狗、360の戦いが同展開していくのか、注目です。

 

つぶやき
人類で初めて月面に降り立ったアームストロング船長が亡くなったそうです。
あれから約半世紀、今度は中国が月を目指しています。

[百度]

[捜狗]

[360]

 

週末の娯楽にPPTV

中国で人気のネット動画サービスに『PPTV』があります。
PPTV

PPTVはネット動画サイトの一種ですが、ユーザーがコンテンツを投稿するタイプではなく、映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツを配信しているサイトです。
日本の映画、ドラマ、アニメなども豊富にあります。

このサービス、ユーザーのサービス関与度によってサービスの内容が変わります。

まず 、未登録のユーザーはコンテンツの一部しか見ることができません。
これらのコンテンツはイマイチ魅力に欠けるコンテンツが多いです。
各コンテンツの冒頭には15秒〜45秒のCMが入るようになっていて、これでマネタイズする仕組みです。

そして、 ユーザー登録してログイン状態にすると、フルラインナップのコンテンツが見られます。こちらは最新の作品も含め、人気コンテンツが見られます。
こちらもコンテンツの冒頭にCMが入ります。

更に、サービス利用料を支払ったユーザーは、CM抜きで作品を見られます。
快適ですね。

無料で最新の海外コンテンツが見られるので、テレビ番組見るよりもずっと面白いですが、唯一の欠点はほとんどが海賊版コンテンツだと思われる点でしょうか。
日本のドラマやアニメなどは字幕師のような方々が活躍しているものがアップされています。

 

つぶやき
今日は「宇宙兄弟」を観ています。

[PPTV]