Tag Archives: タオバオ

2014年のTmall「双11」は571億元で1兆円超え!

Tmall 2014.11.11

毎年恒例となった、Tmall(天猫)の「双11セール」
私の会社でお手伝いしているブランドも無事にセールを終えました。

早速Tmallから速報がでていますので、一部ご紹介したいと思います。
昨年2013年は350.19億元(当時のレートで約5600億円)でしたが、今年は6割アップの571億元!最近のレート1元=19円換算では1兆849億円と、初の1兆円超えでした。

特に注目はモバイル端末からのオーダーが243億元と42.6%を占め、昨年の4.54倍のオーダー数となったことでしょうか。セール開始後75秒で1億元、午前7時36分には100億元を記録しています。
私の会社の店舗やお手伝いしているクライアント様の店舗でも、最近ではモバイル端末からのアクセスが増えておりPCを上回るほどですが、その傾向がしっかりと売上にあらわれています。

JackJonesというメンズアパレルのブランドは6年連続で双11セールに参加しているそうですが、今年は1時間48分で1億元を売り上げたそうで、うちモバイルの売上が48.4%だったそうです。

地域別の売上TOP10は、
1位 広東
2位 浙江
3位 江蘇
4位 上海
5位 山東
6位 四川
7位 北京
8位 湖北
9位 湖南
10位 河南
の順となっています。やはり所得の高い沿海部が強いですね。

この後が大変なのが物流です。
今年のオーダー数は2.78億。
宅配便会社各社はこのセールに備え、人員を25万人増員したり、100箇所以上の拠点を増設したり、185万平米にも及ぶ作業場を確保したりしているそうですが、これから2週間程度は配送の遅延など混乱が起きると思われます。

私の会社で9月から運営している淘宝のベビー用品ショップですが、大幅値引きできる商品ではないので、今回のセールは見送りでした。
セールに参加しなかった店舗へどのような影響がでたのか、次回ご紹介しようと思います。

 

[こちらの記事もどうぞ]
今年も来る! 一年最大のネット通販祭り「双11」

 

今年も来る! 一年最大のネット通販祭り「双11」

Taobao-Tmall 1111毎年恒例となった、中国最大のネット通販「タオバオ・Tmall」の一年で最大のセール「双11」が11月11日に開催されます。
双11とは11が2つ並ぶ11月11日の特売キャンペーンで、もともとは「独身の日」にちなんだキャンペーンだったのですが、すっかりネット通販全体のお祭りに発展しました。

毎年販売記録を更新し続けている「双11」2013年の記録は…

55秒:1億元(約16億円)

6分7秒:10億元(約160億円)

13分22秒:20億元(約320億円)

21分:30億元(約480億円)

29分:40億元(約640億円)

38分:50億元(約800億円)

50分:60億元(約960億円)

1時間3分:70億元(約1120億円)やっとここでスタートから1時間経過!

5時間49分:100億元(約1600億円)

13時39分:200億元(約3200億円)

21時19分:300億元(約4800億円)

24時:350.19億元(約5603.04億円)

なんと約5600億円が1日に売れてしまいます!

この日は各店舗5割引以上が当たり前という大盤振る舞い。近年では各ネット通販やオフライン店舗でも「双11」セールを開催するようになりました。

例えば家電ネット通販大手の「易迅網(yixun.com)」と「京東商城(jd.com)」では
Yixun 51buy 1111-2014易迅網では最大7割引きをはじめさまざまな「1111」キャンペーンを予定。

JingDong 1111-2014京東商城では「11月11日まで待たなくていいよ!」として、11月3日からキャンペーン開始!
淘宝・Tmallの本家「双11」前に需要を刈り取ろうという作戦です。

Amazonも「双11」キャンペーンを告知していますが、かなり控えめ。
本などは大幅値引きが難しいからでしょうか。
Amazon 1111-2014

うちも、自社で運営する店舗のキャンペーンやお客様の店舗のキャンペーン準備などを進めています。当日は最初の1時間がスタートダッシュなので、深夜対応します。

今年はどこまで記録が伸びるのか、楽しみですね。

[Tmall]

[こちらの記事もどうぞ]
1日で5600億円の売上!2013年の双十一(双11)結果出ました。

双11セール結果発表〜淘宝グループは192億元(約2500億円)

双11結果発表〜家電系ネット通販最大手の京東商城は売上25億元

双11セールの後は宅配会社が大忙し

 

天猫(Tmall)出店者は発票クレーマーにご注意!

Tmall

淘宝が運営するB2Cネット通販サイト「天猫(Tmall、以前の淘宝商城)」は、少ない費用で出店が可能であることや、ネット通販では圧倒的な人気を誇るC2Cサイト「淘宝(タオバオ)」からもトラフィックの流入があることなどで、日本企業にも人気の高いプラットフォームです。

消費者にとっては、出店が各ブランドの直営店や正式な販売権利を持つ企業に限られるため、ホンモノを買えることや、消費者保護のための様々な規定による安心感があり、利用者も順調に増えているようです。

しかし最近、この消費者保護規定を逆手に取った脅迫行為が横行しているようです。
天猫出店者の間では「発票(ふぁぴぁお)クレーマー」と呼ばれているそうです。
発票は中国国内の商取引で使われる、政府認定の公的領収書です。
中国の会社は正式な発票でのみ経費計上が認められます。

天猫の規定では、出店者は販売の際に必ず発票を発行すること。
発行できない場合は6ポイントを控除する。
としています。天猫では各種の規定違反にポイントが付いていて、違反する度に持ち分の12ポイントから減っていきます。累計で12ポイントの違反を犯すと罰金1万元と1週間の店舗閉鎖の処罰が科されます。

しかし個人が購入する場合、会社の経費計上に使われる発票は必要なく、また出店者にとっても発票に課される税金などのコスト削減から、特に求められない場合は発票を発行しないのが一般的です。

今回の「発票クレーマー」はこの規定を基に脅迫する手口です。
以下に具体的な手口を説明するので、天猫に出店されている方はご注意ください。

1. 天猫に出店している店舗に対し、一般消費者を装って発票が発行できるかどうかを確認、発行できないと答えると少額の商品を購入。

2. しばらくした後、発票が発行できない旨のクレームを店舗評価コメント欄に投稿。

3. 評価コメントの削除と天猫へのクレームをしないことを条件に3000-5000元を要求。

淘宝や天猫は購入者の評価により店舗の信用度が付与され、それが王冠やダイヤモンドなどのアイコンとなって店舗プロフィールに表示される仕組みなのですが、評価ランクは上がりにくく下がりやすいため、店舗としては何としても悪評価を取り下げてもらいたいため、脅迫に応じてしまうようです。
この発票クレーマーは今年の初めごろから出没しはじめ、最近被害件数が増えてきているそうですが、外資系出店者は発票をきちんと発行するところが多いので、今のところ被害は中国ローカルの出店者が多いそうです。

一番の対策は発票をきちんと発行すること。
その他天猫の規定はきちんと守ることです。
そうすることでクレーマーの標的になることを避けられます。

もし標的になってしまったら、残念ながら要求に応じるしかありません。
消費者保護を重視している淘宝や天猫のプラットフォームで、守るモノが何もない個人の脅迫者に勝てる見込みはありません。
高いレッスン代と思って、二度と標的にならないように店舗の運営ルールを見直さなければなりません。

 

つぶやき
昨夜は全英オープンを見ていたんだけど途中で寝てしまった。
それにしてもタイガーの6番バンカーショットと続く7番のティーショットは衝撃だった。
トッププロでも気持ちの切り替えって難しいんですね。