Tag Archives: 亚马逊

中国の街から書店が消えています

街角で見かけるニューススタンド

2011年7月に米国の大手書店チェーンのBordersが倒産しましたが、中国でも伝統的な書店はどんどん減少しているようです。

2007年から2010年の4年間で、中国の民営書店は1万軒も減少したそうです。
確かに、上海でも街中で書店を探すのは一苦労です。
日本ではちょっとしたショッピング街へ行けば書店が見つかりますが、上海では最近新規オープンするショッピングモールでも書店を見かけることはなくなりました。

最大の要因はネット企業の台頭でしょうか。
アマゾン中国や当当網といったネット企業は、豊富な品揃えと低価格を武器にシェアを伸ばしてきています。
日本の書籍は再販売価格維持制度で定価販売が法律で義務付けられていますが、中国に同様の制度はなく、値引き販売が行われています。
伝統的な書店の多くが定価販売であるのに比べ、ネットでは新刊書も20%程度の値引き販売が多いようです。

消費習慣の変化も大きいと感じます。
先日もご紹介したとおり、電子書籍が普及してきており、ネットからコンテンツをダウンロードしてPCや携帯端末で読む消費者が増えています。
またフリーペーパーも多数発行されており、駅や店舗等で簡単に手に入るため、カジュアルな読み物として人気です。

一方で都市化による家賃の上昇は店舗経営を苦しめているようです。
ネット企業に品揃えで対抗するには、大きな売場面積が必要ですが、売場を拡大すればそれだけ家賃負担が大きくなります。
店舗経営の総コストに占める家賃の割合は、一般的に10~15%程度だそうで、この割合以上になると経営が厳しくなるそうですが、北京や上海といった大都市では家賃の上昇が激しく、この比率を超えることも珍しくないようです。

中国では、新聞や雑誌はニューススタンドで買うのが一般的なので、普段の読み物は書店まで行かなくても用が足りることが多いですが、僕は書店の雰囲気が大好きなので、やはり書店が街から消えていくのは寂しいです。

 

つぶやき
書店やCDショップが街から消えていくのはグローバル共通のようです。
店員さん手書きのPOPを読むのが好きなんです。