Tag Archives: 光棍節

双11結果発表〜家電系ネット通販最大手の京東商城は売上25億元

中国の家電系ネット通販最大手の京東商城によると、双11セール期間(11月10日土曜日〜12日月曜日)の合計売上が25億元(約330億円)を突破、オーダー件数も450万件を超えたそうです。
また客単価も556元前後、サイトへのアクセスも通常の3倍以上となった模様です。

京東商城でもセール後は一時的に配送物量が増加したそうですが、配送能力を7割増強し、15日には通常レベルに回復、双11関連の配送は完了しているとのこと。
このあたりは全国に物流センターを持ち、大都市の市内配送を自社化している京東の強みでしょうか。

京東商城は、 京東エクスプレスという宅配会社を設立しました。
この会社は京東商城の物流部門を独立させたもので、京東商城に出店しているマーチャントも利用することが可能です。
これでユーザーの利用体験を大幅に向上できるとしています。

やはりネット通販は物流がキモですね。

 

つぶやき
昨日京東商城でオーダーした商品も当日中に届きました。
このお届けの速さは日本でもかなわないですね。

[京東商城]

 

双11セールの後は宅配会社が大忙し

通販は販売後にお客様に商品をお届けしなければならない。

当然のことなのですが、
1日に1億個を超える物量となると大変です。

2012年の「双11」大セールでは、天猫、淘宝だけで192億元の売上、1億を超える受注件数を記録しました。他のネット通販サイト分も合わせると1.5億オーダー以上になっていると推測されます。
1オーダーにつき最低1個口ですから、少なくとも1.5億個の荷物が配達されなければなりません。

先日ご紹介したように、大手宅配会社各社は、合計で15万車両という通常体制に加え、3万台の車両と6.5万人の配送員を増強して今回のセールに臨んだと言われていますが、天猫と淘宝だけでも事前の売上予測100〜120億元の1.5倍以上となる192億元を売り上げており、想定以上の物量となっていると思われます。

民間の大手宅配会社にとって、ネット通販は大切な顧客です。
ネット通販最大手の天猫、淘宝グループ分だけでも、取り扱い個数の7割を占めると言われています。
中国でも配達時間短縮へのニーズは高く、配送遅延はショップの評価にも大きく影響するため、双11だからといって大幅な配送遅延は認められません。
双11対応のために宅配会社の配送コストは50〜70%も上がっていると言われ、経営的には大変頭の痛いセールだったようです。

 

つぶやき
昨夜は南米各国の総領事と上海のメディアが集まる会に参加しました。
南米はちょうど中国の反対側、中国主要都市からの直行便も移動に丸一日程度かかるとのことで、これが集客のネックとのこと。
その点で日本は恵まれていますね。

 

 

Tmall(天猫)の「双11」ティーザーサイト

Tmall 1111

昨日ご紹介したとおり、11月11日日曜日はネット通販業界が最も盛り上がるイベントのひとつ「光棍節(独身の日)」です。
各通販サイトがセール合戦を繰り広げるのですが、中でも力が入っているのが淘宝の運営するB2Cモール「Tmall(天猫)」です。

現在はティーザーサイトが立ち上がっていて、11月11日当日にたくさんショッピングしてもらうための様々な事前キャンペーンが展開されています。
例えば…

Tmallの支払いで使われる「Alipay(支付宝)」、今のうちにチャージしておくと、「150元チャージで50元、300元チャージで150元が当たる」キャンペーンを実施中です。各ブランドのお買い得商品は数量限定のものも多いので、お目当ての商品を確実にゲットするには先にチャージしておくと安心ですね。

またティーザーサイトには各ブランドの情報も出ていて、5割引商品を事前にチェックして、お気に入り登録しておくことができます。
自動車メーカーのプジョーは11月11日に車を発売するそうです。すごいですね!

クリックするだけで参加できるゲームもあるので遊んでみてください。
クリックしすぎで指がプルプルしちゃいました orz

 

つぶやき
党大会前でネットの接続が悪いので早朝に仕事してます。
なので夜は10時に寝ます。超健康的。

[Tmall(天猫)]