Tag Archives: 天猫

2014年のTmall「双11」は571億元で1兆円超え!

Tmall 2014.11.11

毎年恒例となった、Tmall(天猫)の「双11セール」
私の会社でお手伝いしているブランドも無事にセールを終えました。

早速Tmallから速報がでていますので、一部ご紹介したいと思います。
昨年2013年は350.19億元(当時のレートで約5600億円)でしたが、今年は6割アップの571億元!最近のレート1元=19円換算では1兆849億円と、初の1兆円超えでした。

特に注目はモバイル端末からのオーダーが243億元と42.6%を占め、昨年の4.54倍のオーダー数となったことでしょうか。セール開始後75秒で1億元、午前7時36分には100億元を記録しています。
私の会社の店舗やお手伝いしているクライアント様の店舗でも、最近ではモバイル端末からのアクセスが増えておりPCを上回るほどですが、その傾向がしっかりと売上にあらわれています。

JackJonesというメンズアパレルのブランドは6年連続で双11セールに参加しているそうですが、今年は1時間48分で1億元を売り上げたそうで、うちモバイルの売上が48.4%だったそうです。

地域別の売上TOP10は、
1位 広東
2位 浙江
3位 江蘇
4位 上海
5位 山東
6位 四川
7位 北京
8位 湖北
9位 湖南
10位 河南
の順となっています。やはり所得の高い沿海部が強いですね。

この後が大変なのが物流です。
今年のオーダー数は2.78億。
宅配便会社各社はこのセールに備え、人員を25万人増員したり、100箇所以上の拠点を増設したり、185万平米にも及ぶ作業場を確保したりしているそうですが、これから2週間程度は配送の遅延など混乱が起きると思われます。

私の会社で9月から運営している淘宝のベビー用品ショップですが、大幅値引きできる商品ではないので、今回のセールは見送りでした。
セールに参加しなかった店舗へどのような影響がでたのか、次回ご紹介しようと思います。

 

[こちらの記事もどうぞ]
今年も来る! 一年最大のネット通販祭り「双11」

 

1日で5600億円の売上!2013年の双十一(双11)結果出ました。

double11_2013

 

結果でました!
2012年の2倍近い350.19億元(約5600億円)の流通金額を達成。
日本円換算では、為替レートの関係で2倍以上に成長です!

中国のEコマースで年間最大のお祭りが、11月11日に開催される「双十一(双11)」です。

もともとは光棍節と言って、独身の日だったのですが、ネット通販大手の淘宝/天猫(タオバオ/Tmall)が2009年から大幅値引きセールを開催、イベントとしてすっかり定着してきました。
年々売上規模を拡大しており、5年目の2013年はついに350億元を突破しました。

近年では淘宝/天猫だけでなく、他の大手ネット通販各社も双十一セールを開催しており、しばらくすると各社のセール結果も出てくると思いますので、後日レポートしたいと思います。

では、淘宝/天猫での怒濤の1日を時系列でご紹介します。

2013年11月11日午前0時 双十一 セール開始

午前0時06分07秒 流通金額10億元(約160億円)突破

午前0時38分05秒 流通金額50億元(約800億円)突破

午前1時     ブラジャーの販売が160万着を突破

午前1時00分10秒 モバイル経由の流通金額が10億元(約160億円)突破

午後1時04分   流通金額が2012年の金額191億元(約3056億円)突破

午後1時17分   ショッピングの同時アクセスが1700万を突破(香港の人口の2.5倍)

午後11時59分59秒 流通金額350.19億元(約5603億円)突破

 

これだけ短期間に大きな売上とものなると、様々な問題も出てくるのですが、それは次回以降に。

 

2012年の結果発表記事もどうぞ。
双11セール結果発表〜淘宝グループは192億元(約2500億円)

双11結果発表〜家電系ネット通販最大手の京東商城は売上25億元

双11セールの後は宅配会社が大忙し

 

天猫

 

双11セールの後は宅配会社が大忙し

通販は販売後にお客様に商品をお届けしなければならない。

当然のことなのですが、
1日に1億個を超える物量となると大変です。

2012年の「双11」大セールでは、天猫、淘宝だけで192億元の売上、1億を超える受注件数を記録しました。他のネット通販サイト分も合わせると1.5億オーダー以上になっていると推測されます。
1オーダーにつき最低1個口ですから、少なくとも1.5億個の荷物が配達されなければなりません。

先日ご紹介したように、大手宅配会社各社は、合計で15万車両という通常体制に加え、3万台の車両と6.5万人の配送員を増強して今回のセールに臨んだと言われていますが、天猫と淘宝だけでも事前の売上予測100〜120億元の1.5倍以上となる192億元を売り上げており、想定以上の物量となっていると思われます。

民間の大手宅配会社にとって、ネット通販は大切な顧客です。
ネット通販最大手の天猫、淘宝グループ分だけでも、取り扱い個数の7割を占めると言われています。
中国でも配達時間短縮へのニーズは高く、配送遅延はショップの評価にも大きく影響するため、双11だからといって大幅な配送遅延は認められません。
双11対応のために宅配会社の配送コストは50〜70%も上がっていると言われ、経営的には大変頭の痛いセールだったようです。

 

つぶやき
昨夜は南米各国の総領事と上海のメディアが集まる会に参加しました。
南米はちょうど中国の反対側、中国主要都市からの直行便も移動に丸一日程度かかるとのことで、これが集客のネックとのこと。
その点で日本は恵まれていますね。