Tag Archives: 希望の缶詰

東北2014夏:木ノ屋石巻水産の「希望の缶詰」。

Kinoya

東北2014夏の旅、初日最初の訪問地は石巻にある木ノ屋石巻水産という会社です。
この旅に、中国の広州から参加した阪本さんのご紹介で実現です。

木ノ屋さんは震災直後に「希望の缶詰」として知られた会社だそうですが、私は訪問するまで「希望の缶詰」自体知りませんでした、お恥ずかしい。
ちなみに「希望の缶詰」とは、震災で工場や缶詰の在庫など全てが津波に流されてしまったものの、それを掘り起こし空腹をしのぎ、また東京の経堂では木ノ屋さんの缶詰のファンだった飲食店の人たちが缶についた泥を洗い販売することで、復興資金としたというお話だそうです。
http://kibounowa.jp/seisan-kinoya.html

今回伺ったのは震災の後に建てられた美里町工場。
クジラをイメージしたモダンなデザインのでした。(写真を撮り忘れたorz)
木ノ屋さんのウェブサイトに写真がありましたのでどうぞ。
http://kinoya.co.jp/eccube/user_data/company_profile.php

工場に加え、事務所や広報施設、直売所などを兼ねているそうです。
畑の中に突然モダンな建物で、缶詰工場とは想像できませんでした。
とれたての魚をすぐに加工するため、被災した工場は漁港の近くにあったそうですが、今回訪問した美里町工場は、魚の鮮度を保てるギリギリの距離にまで内陸に入ったところに建てたそうです。
ご案内頂いたのは広報の松友さん、この「希望の缶詰」の全てを実体験としてご説明いただきました。

Kinoya

当時の様子の映像などを見せて頂き涙が出ましたが、同時に当時何もできなかった自分に悔しい気持ちで一杯でした。
と同時に、この活動のきっかけとなったのが、東京の経堂で木ノ屋さんの缶詰のファンだったユーザーの方ということで、企業にとってこのような熱心な製品のファンを作るだけの製品を出し続けることの重要さを感じました。

最後には缶詰をおみやげに買って帰りましたが、これが美味しい!
さすが厳選された大型サバのみを使っているとのことで、見た目も違いますし、味もこれまで食べたどのサバ缶よりも美味しかったです。

ひとつ残念だったことは、直売所のソフトクリームを逃したこと。
販売開始が、我々の訪問の翌週からということで食べられなかったのですが、缶詰の味付けに使われている調味料をベースとしたオリジナルフレーバーということで、次回の楽しみにとっておきます。

 

こちらもどうぞ。
東北2014夏:その1 – はじめて東日本大震災の被災地、東北へ。

東北2014夏:その3 – 今回の旅の目的地、雄勝漁港へ。

東北2014夏:その4 – 雄勝中学校の「復興和太鼓」に元気をもらう。

東北2014夏:その5 – 仮設住宅での二胡コンサート。

東北2014夏:その5 – 仮設住宅での二胡コンサート。

東北2014夏:番外編〜お宿は 峠の湯 追分温泉。