Tag Archives: 微博

新浪微博がDeNAと提携 微博でモバゲーが遊べるようになる?

新浪微博3億人超のユーザーを抱える新浪微博が、DeNAと提携しました。
微博のAndroidアプリから中国版モバゲーへアクセスできるようになるそうです。

新浪微博は中国版Twitter(ツイッター)と呼ばれますが、ツイッターよりも機能は豊富で、どちらかというとFacebook(フェイスブック)に近いイメージです。
数ある微博(マイクロブログ)サービスの中で、新浪微博は圧倒的シェアを占めており、「微博」というと「新浪微博」のことを指す程、同社のサービスが利用されています。

新浪微博は2009年8月にサービスを立ち上げましたので、僅か2年半で3億ユーザーを達成していることになります。スゴイ勢いですね。
最近TwitterでLady Gagaさんのフォロワーが2000万人を超えたと話題になっていましたが、微博ナンバーワンの人気者、姚晨さんのフォロワーも1800万人を超えました。微博がほぼ中国国内でしか使われていないことを考えるとスゴイ数字です。

新浪微博が直面している問題はマネタイズ(収益化)です。
最近やっと広告を表示したりしていますが、3億を超えるユーザーに対応するインフラを支えるにはまだまだ不十分です。
一方で驚くほどの高収益を挙げているモバゲー。しかし中国でのサービス認知は進んでいません。
今回の提携は両者にとって最高の補完関係となるのでしょうか。

 

つぶやき
歯の詰め物が欠けてしまったので、新しくしました。
やはりこういうものは日本が最高ですね。

 

 

東日本大震災から1年に対する中国ネットユーザーの反応

 

昨日は3月11日。
2万人の犠牲者と、今も収束の目処が立たない福島の原発事故を引き起こした東日本大震災から1年が経ちました。
震災当時は、中国からも救援隊が駆けつけ、中国の方々からも貴重な義捐金をたくさんいただきました。

また、中国のテレビ等で被災地の様子が多く報道され、これを見た中国のネットユーザーが、大災害でも秩序を乱さない日本人の素養の高さに感心し、日本人に対するイメージも向上しました。

大震災から一周年の昨日、新浪微博でも大震災一周年のトピックスが立ちました。

書き込みの内容を見ていると、大部分のユーザーは大震災の犠牲者に対し改めて哀悼の意を表していました。また、一周年に関連した式典やイベント等についてのコメントも多く、台湾で放映されている感謝CMについてのコメントも目立ちました。

「買いだめした塩がまだ残ってるよー、食べきれないよー」というコメントも複数ありました。これは、福島の原発事故の際、中国の食塩にはヨードが添加されており、放射能の影響を消せるとのデマで、食塩の買い占めが起こったことを指しています。
まだ塩残ってたんですね。

コメントの中には「南京大虐殺のことは覚えてるのか?」とか捕鯨問題を出しているネガコメントも見られましたが、全体の中ではごく僅かで、常識的なユーザーが多いのを感じました。

 

つぶやき
今日3月12日は中国では「植樹節」。
「中国革命の父」と呼ばれる孫文先生の逝去された日です。

 

 

中国 2012年の新年は微博で「明けおめ」

微博小秘書(微博オフィシャル)が2012年「明けおめ」発布数を発表昨日、1月23日は中国の新年「春節」でした。
日本でも深夜0時になった瞬間、携帯で「明けおめ」メールが飛び交いますが、中国も同様です。中国の携帯電話ユーザー数は約10億人ですから、飛び交う「明けおめ」メールも100億通に達するとも言われています。

そんな中での新勢力が微博(Weibo)です。

ユーザー数2.5億人超を有する、微博最大手「新浪微博」のオフィシャルアカウント「微博小秘書」は、1月23日0時0分0秒に発布(ツイート)された数が、3万2312通に達したと発表しました。さらに、新年最初の1分間以内の発布数は、48万1207通に上るそうです。

ちなみに僕の新浪微博での「明けおめ」発布は、2012年1月23日10時20分でした。

 

つぶやき
今朝の東京は、昨夜の雪で道路がツルツルに凍ってました。
前を歩いていたお兄さんが豪快に転んでました。
大丈夫だったかな。