Tag Archives: 新浪微博

微博がコミュニティ管理規則を施行

微博コミュニティ規則中国版のTwitterと言われる「新浪微博」がコミュニティ管理のための規定集を発表しました。
(ちなみにコミュニティは中国語で「社区」といいます。)
大きくは「微博社区公約」「微博社区管理規定」「微博社区委員会制度」の3つに分かれています。

「微博社区公約」では、微博コミュニティが法律に基づいて発展と調和を維持するための、ユーザーの権利、ユーザー行動規範、コミュニティ管理についての指針が示されています。

「微博社区管理規定」では、コミュニティ管理についてより具体的に規定されており、専門家とユーザー代表からなる「コミュニティ委員会」の設置や、規約違反の判定基準、違反行為についての処置や紛争処理について述べられています。

「微博社区委員会制度」では、コミュニティ委員会として、一般会員の代表からなる「普通委員会」と専門家からなる「専家委員会」が設置されること、それぞれの委員会の構成や機能などについて述べられています。

今回のこれら規定の公布に先立っては、ユーザーに規定案を公開し、意見募集を行ったり、一般ユーザーが委員会メンバーとして参加出来たりするなど、自治的なコミュニティ管理を目指している印象があります。
今年は5年に1度の指導者交代の年ということもあり、政府は上海や北京を含む大都市での実名登録制度の導入を進めるなど、ソーシャルメディアにとっては逆風が吹いていますが、今回の新浪微博のコミュニティ自治のスタンスは、ユーザーにとっても、政府にとっても程よいバランスなのではないでしょうか。

 

つぶやき
昨夜はクラウドサービスに関する勉強会に参加させて頂きました。
楽しかったです。
こういう活動、もっと上海であるといいなぁ。

 

中国 2012年の新年は微博で「明けおめ」

微博小秘書(微博オフィシャル)が2012年「明けおめ」発布数を発表昨日、1月23日は中国の新年「春節」でした。
日本でも深夜0時になった瞬間、携帯で「明けおめ」メールが飛び交いますが、中国も同様です。中国の携帯電話ユーザー数は約10億人ですから、飛び交う「明けおめ」メールも100億通に達するとも言われています。

そんな中での新勢力が微博(Weibo)です。

ユーザー数2.5億人超を有する、微博最大手「新浪微博」のオフィシャルアカウント「微博小秘書」は、1月23日0時0分0秒に発布(ツイート)された数が、3万2312通に達したと発表しました。さらに、新年最初の1分間以内の発布数は、48万1207通に上るそうです。

ちなみに僕の新浪微博での「明けおめ」発布は、2012年1月23日10時20分でした。

 

つぶやき
今朝の東京は、昨夜の雪で道路がツルツルに凍ってました。
前を歩いていたお兄さんが豪快に転んでました。
大丈夫だったかな。

 

中国4000万ユーザーのログイン情報が漏洩して大混乱

2011年12月21日、中国最大のソフトウェア開発者のコミュニティWebサイト『CSDN』は、ハッキングにより600万ユーザーものログイン情報が漏洩したと発表しました。
中国最大の開発者コミュニティがCSDNがユーザー情報漏洩を謝罪CSDNの登録ユーザー数は1800万人とのことですので、3分の1のユーザー情報が漏洩してしまったことになります。

ソフトウェア開発者のコミュニティサイトだけに、登録ユーザーは「ソフトウェア開発者」。同じログイン情報が「管理者」として設定されていたウェブサイトが次々とハッキングされ、被害が広がっています。

大手コミュニティサイトの『天涯』もそのひとつ。
4000万ユーザーが影響を受けたと発表しており、パスワードやメールボックスなどの情報が漏洩したようです。4000万といえば、中国ネット人口の約1割にあたる数です。
また学生に人気のSNS『人人網』や『新浪微博』も影響を受けたとの報道が出ていますが、『新浪微博』は否定しています。

今週は「パスワード変えた?」が挨拶になっているようですが、そもそもソフトウェア開発者のコミュニティサイトがパスワードを平文で保存してるなんて、ちょっと常識では考えられないですね。

僕も『人人網』にアカウント持ってるので心配です。
パスワード変えとこっと。

 

つぶやき
中国のウェブサイトは突貫工事でが多く、
「見た目OKなら完成」みたいなことが良くあるので、
見えない部分は心配ですね。
EコマースのサイトなのにSSL使ってないとこもあるし。