Tag Archives: 海外モバイル

シンガポールの空港でプリペイドSIMカードを買ってネットする

初めてシンガポールに行ってきました。
FBでお願いしたところ、たくさんの方々に情報を頂きました。
ありがとうございました!

海外でまず確保したいのがネット接続です。
香港などはショッピングセンターにほぼ必ずフリーWiFiがあって便利なのですが、移動中も使いたいし、現地のプリペイドSIMカードを買うことにしました。

1.プリペイドSIMは空港で買えます
シンガポール(Changi)空港の到着ロビーに着くと右手前方に両替ブースがあります。
二軒並んでいるのですが、当日は若干ですが右のお店の方がレートが良かったので、そこで両替しました。
プリペイドSIMも販売していて、店員さんにもお勧めされます。
このお店ではSingTelのプリペイドSIMを扱っていましたが、大手ということでキャリアはこれで決定しました。
シンガポールの両替ブース

2.プリペイドSIMは1種類
ここで販売しているのは、28シンガポールドル(1ドル=約80円)のカード1種類です。
カードは通常サイズでもiPhoneなどで使うマイクロSIMも同じもので、切り込みが入っているので、自分の携帯のSIMサイズに合わせて切り抜いて使います。
短期の滞在で28ドルも使わないという場合は、街中のSingTelのお店に行くと少ない金額のカードも買えるようです。

プリペイドSIM

3.説明に従ってアクティベーションとプラン選択
SIMカードのアクティベーションとプラン選択はとても簡単です。
購入の際にもらうパンフレットに従って操作すれば迷わないと思います。
店員さんも丁寧に説明してくれました。

ただし、アクティベーションにSMSを使うので、SIMロックのかかった携帯しか持っていなくて、モバイルルーターでの使用を考えている場合は要注意です。

日本に電話かける場合は国番号(+81)のまえに「019」を付けると電話料金安く済むそうです。
APNなどのネットワーク設定情報もパンフレットに書かれています。
私はAndroid携帯に差しましたが、何も設定せずそのまま使えました。
アクティベーション方法

 

4.足りなくなったらコンビニでチャージカード買えます
私は7日間14GBという贅沢なパッケージ選んでしまったのですが、メールやブラウジングがメインなのでそんなに必要なかったです。もったいない。
仕事の電話かけたりするのに当然足りなくなっちゃいましたので、追加のチャージカードを購入しました。

残高が少なくなると、通話終了後に残高を表示してくれます。

SingTelのウェブサイトで調べると、セブンイレブンで売っているとのことなので、ホテル近くのセブンイレブンで購入しました。

こちらではチャージのことを「Top-up」といいます。「チャージ」では通じません。
セブンイレブンの店員さんに「Top-up card for SingTel Please!」と言えば出してくれます。

カード裏の銀色部分をスクラッチすると10桁のID番号と6桁のパスワード番号が書かれていて、指定電話番号に電話をかけて番号を入力すると即座に残高に加算されます。
Top-upカード

ただし私が買ったセブンイレブンでは20ドルのカードしかおいてありませんでした。
SingTelのお店に行くともっと額面の種類があるようです。
時間に余裕があれば、SingTelのお店を見つけたときに買っておくといいかも。
でもこういうカードってギリギリになってからしか買わないかもしれませんが・・・

ダウンロードのスピードなどは測っていませんが、メールやブラウジングなどは快適に使えました。

ご参考まで。

SingTel