Tag Archives: 百度

中国の検索エンジン市場が百度、捜狗、360の三つ巴で面白くなってきた

捜狗

面白くなってきました。

中国の検索エンジン市場といえば、百度が約8割のシェアを握って圧倒的な地位にあり、半撤退な感じのGoogleは徐々にシェアを落として現在では15〜16%程度と言われていました。

一見市場が硬直化しているかのように見えますが、実はローカル勢ががんばっています。大手ポータルサイト『捜狐」から2010年に独立した『捜狗』は、他の検索エンジンがイマイチ成長できていないのと対照的に、着実にユーザーを獲得しており、今やGoogleを抜いて市場シェア第2位と言われています。

また「フィッシングに強いブラウザー」として人気の高い『360』も検索エンジン市場への参入を発表しています。既に2億人が同社のブラウザーを利用していることから、ブラウザーのデフォルト検索エンジンとして導入されれば一気にシェアを獲得できるチャンスがあります。

百度は独占的な市場シェアにより、広告のクリック入札単価も高騰し、非常に大きな利益を出しています。これは他社にとっても投資する十分な理由となっていると思われます。
百度、捜狗、360の戦いが同展開していくのか、注目です。

 

つぶやき
人類で初めて月面に降り立ったアームストロング船長が亡くなったそうです。
あれから約半世紀、今度は中国が月を目指しています。

[百度]

[捜狗]

[360]

 

中国へGoogleが進出した頃の百度コマーシャル

週末なので軽いネタでいきます。
ちょっと品の悪いコマーシャルなのですが…

このコマーシャルはGoogleが中国市場に進出した際、ライバルの百度が制作したものです。
作品ではGoogleを意味する外国人と、百度を意味する中国人が登場します。
片言の中国語を話す外国人との間で張り紙の文章の解釈について競い合うという内容で、「中国語はやっぱり中国企業である百度の方が良く理解しているから、検索エンジンの性能も百度の方がいいよ」というアピールです。

ユーザーのコメントも否定的なものが多く、
「ゴミだね」
「検索の性能はGoogleの方がイイだろ」

なんて書いてあったりします。

現在では百度のシェアは約8割で圧倒的ですし、Googleは半分撤退モードなので、今ではこんなコマーシャル作ったりはしないのですが、当時の危機感が良く出ていると思います。

つぶやき
8月中は(また)集中ダイエットします。

[優酷]

 

百度の高級マーケティング顧問トレーニングを受講中

百度SEMトレーニング

本日から3日間、百度のSEMトレーニングを受講しています。
中級レベルのトレーニングで、百度の認証資格である「高級マーケティング顧問」という資格を取るためのトレーニングです。
朝9時から夕方6時過ぎまでホテルのカンファレンスホールにカンヅメです。

今日は初日ということで、デジタルマーケティング全般に関する話しや、マーケティング予算の管理、クライアントとのコミュニケーションなどが中心でした。

印象的だったのはデータ分析の深さです。
百度ではおととしくらいから、データ分析についてP&Gと研究会を設置、現在ではパートナーを拡大して研究に取り組んでいるようです。
本日登壇した百度の分析担当者も多変量解析の事例をいくつも出しながら、データの読み方を説明していました。

えー、今日はちゃんと勉強もしていますという宣伝でした。

 

つぶやき
広告代理店向けのセミナーということで、同僚グループで来ている人たちもたくさんいましたが、会社によって特徴があっておもしろかったです。