Tag Archives: CNNIC

速報:2013年末の中国のネット人口が6億1758万人に、市場発展の質を重視へ。

China Internet User Stats Vol.33

本日、中国のインターネット管理機関であるCNNICが、半年に一度公表している「中国インターネット発展状況統計調査」最新の報告書が公開されました。2013年末時点のデータが掲載されています。

報告書によると、2013年末時点での中国のインターネット人口は6億1758万人となり、人口の45.8%が利用しているとのことです。2012年末から一年間で5358万人が増加しました。

一方で携帯電話でのネット利用者数は5億人を超え、ネット人口の81%が携帯電話でネットへアクセスしています。こちらは2012年末と比べて8009万人の増加となり、全体の成長を上回る成長スピードとなっています。

地域別では、13の省・直轄市が全体の普及率を上回る普及率となっており、北京と上海では人口普及率が7割を超えています。

利用状況で目立った変化のひとつは、ネット利用時間の急増です。
2012年は一週間あたりのネット利用時間が20.5時間でしたが、2013は25.0時間と、20%を超える増加率となっています。
2010-11年の増加率が2.2%、2011-12年の増加率が9.6%だったのを考えると20%超はかなり目立ちます。報告書では主な要因として、Wi-Fiや3Gネットワークの普及や、動画サービス利用の増加などを挙げています。

利用用途で大きく伸びているのがネットショッピングです。
利用者数は3億189万人で、ネット人口の49%が利用、2012年から24.7%の伸長となっています。
ショッピング関連ではオンラインペイメントが17.9%、旅行予約が61.9%、グループ購買が68.9%伸長となっています。
グループ購買は、いわゆる「グルーポン系」サービスで、2010-11年頃に急成長して、急縮小した市場だと思っていたのですが、この伸長率はすごいですね。
どうやらグループ購買は、当初のレストランやヘアサロン、スパなどの生活系が下火となったものの、携帯電話や旅行、その他サービス系など商材でまた復活してきているようです。

私は中国のEコマース市場にとても期待しています。
というのも、みなさんがニュース等で目にするように、中国のサービスというのは、日本と比べてかなり劣ります。店員はお客様ほったらかしでおしゃべりしてるし、家電量販店にいっても在庫がある商品は限られていて、店員が彼らのオススメを強引に押しつけてくるし。
それに比べてEコマースの利便性は、場合によっては日本以上です。
欧米のファンドから数百億円単位で投資が入っているため、プラットフォームや物流網への投資が積極的にされています。しかもIPO狙いだから利益度外視の「粗利ゼロ」キャンペーンなんてのをやったりして、かなりお安いです。

私の会社でもタオバオ(淘宝)のB2C版、Tmall(天猫)への出店・運営をお手伝いしていますが、オススメの理由はここにあります。
うちは半分日系、半分ヨーロッパ系のクライアント様なのですが、Eコマースへの投資意欲は圧倒的にヨーロッパ系が強いです。もっと日本の商品を売るお手伝いしたいなぁ(宣伝)。

今回の報告書で「おっ!」と思ったのが、「インターネット市場の発展は、量から質への転換期である」という一文です。
中国のGDPは日本と比べるとうらやましいほどの成長率ですが、国の発展を支えるために必要と言われてる8%を下回るようになってきています。
そこで政府も「量から質への転換」という言葉を盛んに使って、内需拡大、雇用維持に努めていますが、インターネットにもやってきたようです。

ただこの言葉、ちょっとピンと来ることがあるので、ちょっと報告書を深掘りしていきたいと思います。

続きはまた近日。

 

[CNNIC]

[こんな記事もどうぞ]
中国のインターネットユーザーはネットで何してるの?

CNNICが最新統計データを発表 中国ネット人口は5億1310万人に

2012年末の中国ネット人口は5.6億人、モバイルユーザー率75%に成長

 

中国のネット人口は5.38億人へ、72.2%が携帯電話でアクセス

中国のインターネット管理期間であるCNNIC(中国ネットワーク情報センター)から、2012年6月時点での中国インターネット普及状況に関する定期レポートが発表されました。
中国のインターネット人口は5.38億人へ成長 2012年6月レポート

中国のインターネットユーザーは5.38億人まで成長、人口普及率は39.9%にまで上昇しています。人口普及率の伸びは半年前と比較して1.6ポイントと、かなり緩やかになってきています。

今回レポートの中でも重視されているのが携帯電話でのアクセスです。
中国ネットユーザーは携帯電話でアクセス 2012年6月レポート

スマートフォンなどインターネットへアクセスできる携帯電話機の普及が進み、携帯電話経由でのインターネットアクセスの割合が高まっています。
全ネットユーザーの72.2%が携帯電話経由でアクセスしており、その伸び率はネット人口の伸び率を上回っています。

携帯電話でのインターネット利用の普及は、中国全体のネット人口増加に寄与する可能性を持っていると考えられます。
中国でネット普及を妨げている大きな要因として、
・中高年層でパソコンが普及していない
・収入の低い農村部でパソコンが普及していない
ことが挙げられますが、携帯電話であれば普及率は高く、アンドロイド携帯の中には比較的安価な機種も出ているので、中高年や農村部では携帯電話でのインターネット利用が増加する可能性があると思われます。

レポートは誰でもダウンロード可能となっていますので、是非ご覧ください。

 

つぶやき
昨夜は友人のイベント「Music in the dark」へ行ってきました。
視覚障害を持つミュージシャンの演奏を真っ暗闇の中で聴くというイベントです。
すばらしい体験でした。

[CNNIC]

 

2012年Q2 中国の検索エンジン市場は70億元、百度がシェア78.6%でトップ。

中国の検索エンジン市場は70億元

リサーチ会社の易観から、中国検索エンジン市場規模について2012年第二四半期の数字が発表されました。
それによると 市場規模は70億元(約910億円)、2012年第一四半期から26.6%の成長、2011年の同時期と比較すると62.0%も成長しています。
ほぼ同期間のインターネット人口は10.5%しか成長していませんから、6倍近い成長というのは驚異的です。
検索エンジンの利用率は若干下がっているくらいですから、利用者一人あたりの広告金額が上がっていることになります。
現に1クリックあたりの単価(CPC)も一年で数倍~10倍以上に上がっているとの声も良く耳にします。

百度が78.6%のシェアでダントツ一位

好況の検索エンジン市場で圧倒的なシェアを持つのが百度です。
2012年第二四半期時点で78.6%と約8割のシェアを持ちます。
第二位はGoogleですが、そのシェアは15.7%と百度の5分の1しかありません。

中国で検索リスティングやSEOを考える際は、効率からも基本的に百度とGoogleの2サービスのみを考えます。
シェアでは圧倒的に人気の百度なので、百度は外せないのですが、Googleも帰国子女など高所得者層に人気が高いため重要です。

7月も中盤となりましたので、そろそろCNNICからも半年に一度の第30次中国インターネット発展状況統計報告が発表される頃と思います。
つぶやき
ビザの更新手続について勘違いがあり、危うくオーバーステイになるとこだった。
アブナイ、アブナイ。

[Enfodesk]