Tag Archives: iResearch

中国の連休は複雑で企業は対応が大変

中国は4月2日月曜日の本日より清明節休暇の三連休です。
3月31日土曜日と4月1日日曜日を足すと五連休じゃん!
と思ったみなさん、中国の連休はそんなに甘くありません。
3月31日と4月1日は出勤日だったのです。

清明節は冬至から108日目をお祝いする日で、先祖をお祭りする日です。
2012年は4月4日水曜日が清明節にあたります。
この日に合わせ、三連休を作るために、なんと前の週は7連続出勤日となり、土日働いた分を清明節前の月・火に振り替えて三連休となるのです。

これは結構大変です。
まず、休暇前に土日出勤しなければならないので、休みまでに疲れ切ってしまいます。
土日働いていると思うと仕事にも集中できなくなります。
また、今年の清明節のように、月~水までが休みとなると、休暇後の木・金の二日間出勤するとまた週末がやってくるので、どうにも仕事に集中できません。
結局三連休を挟んた一週間は仕事の効率が落ちることになります。

中国の連休には太陰暦ベースのものも多く、毎年休日が大きく変動するものもあります。
代表的なものが春節です。春節は太陰暦のお正月を祝う祝日ですが、春節は1月後半から2月中旬までの間で毎年変動します。
春節は中国人にとって最も重要な祝日で、長期の休暇を取って里帰りする人も多いですから、春節を挟んだ一ヶ月ほどは従業員が不足し仕事がうまく機能しません。
毎年企業は春節を乗り切るための工夫に追われます。

このように中国の祝日は、毎年変動が大きいため、国務院が年の終わりに翌年の法定祝日の正式な日程を発表します。企業の中には早めに翌年の就業カレンダーを作るところもありますが、予測が外れてしまうと後から修正しなければならなくなってしまうのです。

 

つぶやき
清明節の三連休はお墓参りの渋滞が予想されています。
また最近の陽気で各地の公園でも花見客で賑わっているそうです。

 

2011年の中国オンライン決済市場規模は28兆6500億円

今週は『銀聯』の手数料や、アリペイの地域別決済ランキングなど、決済関連のトピックスをご紹介してきましたが、1月11日にリサーチ会社のiResearch社が、2011年の中国オンライン決済の市場規模に関するレポートを公開しましたのでご紹介します。

iResearch社のデータによると、2011年の中国オンライン決済サービスによる決済金額は、速報値で2兆2038億元(約28兆6494億円 @1元=13円)となり、対2010年比2.18倍の成長を見せたそうです。
2011年中国オンライン決済市場規模予測では2012年以降も高い市場成長率を見込んでおり、2015年には100兆円を超える市場規模となる見込みです。さすが中国はスケールが違いますね。

iResearch社による予測では、2012年以降の成長率は、2011年までと比べてぐっと下がる見込みとなっていますが、ネット通販やグルーポン系サービスでは引き続き激しいシェア争いが繰り広げられており、キャンペーンも盛んなことから、2012年も対11年比2倍近い成長率となるのではないかと僕は予想しています。

オンライン決済に占める各サービスのシェアですが、引き続き支付宝(アリペイ)が全体の約半分を占めダントツです。
中国オンライン決済市場における各サービスのシェア財付通、銀聯、快銭といった銀行カード決済ポータルも安定したシェアですね。
Eコマースのユーザビリティとしては、決済サービスが話題にならないくらい裏方の存在となってくれるのが良いのですが、中国はまだまだ決済のユーザビリティは努力が必要ですね。

 

つぶやき
本日(2012年1月13日)、中国でもApple社の『iPhone 4S』が、チャイナ・ユニコムより正式発売となりました。
今朝、南京東路のアップルストア前を通りましたが、人だかりができてました。

[iResearch via QQ Tech]

 

中国のEコマースサイトTOP10 StickinessとLoyaltyの視点から

中国のオンライン市場について多くのレポートを出しているiResearch社が、ちょっと前に中国のB2C Eコマースサイトのランキング情報を出していました。

iResearch社では、独自のEコマース情報収集ツールで収集したデータを基に、StickinessとRoyaltyの視点から、サイトを評価しています。
今回はB2Cのサイトが対象ということで、B2CとC2Cを分けることが困難だった淘宝(Taobao)はランキングから除外されています。

Stickinessとはサイト利用時の利用度合いと考えれば良いと思います。iResearch社では、月間のユニーク訪問数とページビューのデータからStickinessを算出しています。
Stickinessによる中国Eコマースサイトランキング

Loyaltyによるランキングでは、月間にそのサイトで注文した全ユーザーのうち、その月に2度以上リピート注文したユーザーの割合を基に算出しています。
Loyaltyによる中国Eコマースランキング

明日からこのランキングに載っている各サイトについて書いてみたいと思います。

 

つぶやき
そろそろ搭乗時刻なので今日はここまで。